*

2014年8月

ニキビが気になるので

最近、不摂生しているのかニキビが気になっています。

どうにかしないといけないなと思っているのですが、

CACの洗顔パウダーのすっきりタイプとか

使って洗顔に気を付けるのはどうでしょうか。

 

もちろん、不摂生な生活を改める事も大事なのですが、

なかなか難しいときもありますので、

こういうケアもきちんとしておきたいです。

 

すっきり、さっぱりとするタイプみたいなので、

洗い心地が良さそうです。

べたつく肌にはもってこいなのかもしれません。

 

参照:kids.wanpug.com/illust/illust3507.png


コントロールする事が出来る?

普通のはじめたばかりの人向けのFXの雑誌では、「損失を被った場合はナンピンによってポジション全体のコストをコントロールする事が出来る」等述べられていたりしますが、実際にはこれにはかなり大きな落とし穴がある。

 

まず最初に、ナンピンの手法について簡単に記述しておきます。

例として100円で1ドルを買ったとします。

 

$買いのため円安になれば利益が出るわけだが不幸にして1ドル95円まで円高ドル安方向に触れたとします。

そのままの状態でポジションを保持し続けたら損失が回復するまでには、5円分、ドル高に向わなければなりません。

 

誰もがみんな、損失はなるべく早く取り戻したい願うだろう。

このためはじめに買ったのと同額分の$を1ドル=95円でエントリーします。

 

これで、ポジション全体の平均の買い付け単価は97円50銭まで下げることができます2円50銭の幅でドル高が進行すれば赤字を回復できます。

 

こういったことがナンピン買いの方法です。

 

このような、ナンピンの原理を目にすると「まちがいない」と思ったりするが、相場は易々と上手くはいきません。

 

もとより、95円以下にならないとは、誰にも予想できません。

 

仮定として、為替がかなり強い円高基調だとしたら95円ではとどまらず、更に一段のドル安になる危険性がある。

例として、97.50円でナンピン買いをして、1ドル=95円までドル安に向ったらナンピンをしたポジションも、為替差損が生まれてしまいます。

 

それでは、最初に注文したドルと同時に、更なる差損を被ることになる。

この例のように、ナンピンは難しいのだ。

 

それなら、為替相場があなたのシナリオとは逆向きに素早く向ってしまった場合いかなるやり方で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。

 

この場合選択できる手段は2つしかありません。

ひとつは潔くあきらめてポジションを諦める事です。

もうひとつは、その段階で、保有しているポジションを縮小することによって、もう一度外国為替市場が戻るのを大人しく待ち望む事だけです。

 

かなり後ろ向きなやり方だとみる人もいると思います。

だがしかし、自分が保持しているポジションに損が出た時、リスクが低い対策はこの他には期待できない。

 

無論、理屈の上では、ナンピンをしてみる方法も有効です。

だけどナンピン買いは損をしている状態にもかかわらず買いポジションを減らすどころか、それとは逆にポジションを増やしていく方法である。

 

それでは、危険性を管理することなど、どうやってもできないと思ったほうかいいだろう。

http://ameblo.jp/swe4r5tp/

ナンピンをし続けられればやがては利益を上げられるかもしれません。

だが、それより先に資金が無くなってしまいます。

 


ドキドキしながら

実際にコンピュータの画面の前で絶えず上下動しているマーケットを目を向けていると、注文をしなければいけないという抑えようのない気持ちが生まれる状況も多いと思います。

 

でも、ぼんやりした考えで売り買いをするのだけは絶対に避けてほしい。

 

確かに、相場は1日中、どこかで市場は開かれているし、マーケットも常に変化しています。

 

とは言っても、何度も注文を積み重ねると、その回数だけ損失を被る可能性が高くなってしまいます。

 

もちろん、取引の回数を重ねることによって、勝ち負けの確率が半々になるのは事実。

 

しかしその事は「なんだか分からない直感で取引」してしまうこととは別の話だ。

 

エントリー回数を積むというのは、自分が「ここは勝てる」と思いついたチャンスを得られた状況での売り買いの回数を重ねるという事を言っています。

 

ただ何となく、絶え間なく売り買いを重ねるのとは全く違う。

 

市場の戦いに臨むには白分でよく考えてメリハリをつけることこそが大事だ。

 

「ここは勝てる」と感じた市場の時にはいっそのこと所持ポジションを増やして、意識して利益を狙います。

 

「頭をかかえる為替相場でどう推移するのか予想できないな」と思案した時はポジションをひとつ残さずクローズして静観します。

 

そのくらいのけじめがあったほうが、最終的には取引は勝てます。

 

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりです。

 

相場とは、いついかなる時でもポジションを保持する事が大切ではなくポジションを保持せず何もしないことも場合によってはFXです。

 

じゃあ、どの場面で休みどきなのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述したように、現在の相場展開がはっきりと見通しがきかない時です今からドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、間違って判断すると、作った物語とは違った方向にマーケットが推移してしまい損してしまいます。

 

そのため、そうした場合はポジションを諦め、何もせずに静観を決め込むのが最良の選択です。

 

次に、あなた自身のコンディションがあまりよくない時です。

 

体の調子とマーケットに関係がない感じる方もいるだろうが。

http://maruta.be/exhjem/

現実には大きくつながりがあります。

 

体の具合が悪い時は為替相場の大少なところで必要な判断を下すことができなくなります。

 

やる気がわかない時はトレードから遠ざかる事も大切な事です。

 


経験不足に注意!

FXの経験の浅い方がマーケットのポイントを探し出すためには、まず実戦を積み重ねていく事が必要です。

 

とりわけ、先にリスクを察知できるようになるには間違いをすることも経験のひとつ。

 

ミスをするといっても立ち上がれなくなるほど致命的な間違いをする事は話になりません。

 

取り戻せるほどの負けを数度実績を積む事が結果的に自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

それを考えると、まず初めは少額資金で投資して、数度ちょっとした間違いをすることが重要です。

 

仮に、100万円しか投資する余裕が無い場合、よく考えずに100万円を一銭も残さないで投じて売買すると、損した時再起できなくなってしまう恐れがあります。

 

そのため、たとえば資金の10分の1ずつ分割して売買してこれで買ったり負けたりを積み重ねた方が、段々と失敗を回避する手段なども身についていくはずである。

 

はじめにわずかなお金で取引する事の良い点は、先ほど書いたように、己の実戦を増やし損を回避する手法を習得していく事にありますがそれと合わせて、エントリーの回数を多くする事でリスクを少なくできるというメリットもあります。

 

例として、1度限りの売買で利益を上げられる可能性が5割だと考えます。

 

言い換えると、同じく50%の確率で損するリスクもあるということになります。

 

勝率50%ということは二分の一の比率で儲けられる事を意味している。

 

だが、全財産を投資してただ1回の取引をするということは勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

このままではただの賭博と同じです。

 

これは、全てを賭けて1度しかエントリーしないと、負ける危険性が高まります。

 

だからこそ、投資するお金を全額使うのではなく何度かに分けて機会を積み重ねる事がリスク分散となる。

 

ただ何度かに分けたとしても、全てのエントリーで稼ぐ必要はない。

 

正しく言うと、全部は勝てないのが実際のところです。

 

トレードで重要なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

 

勝率5割でも、たとえ5割以下でも儲かる時は儲かる。

 

それ以上負けても損が少額ならばわずかな勝利のプラスの大きさだけでうまく利益を上げる事が出来ます。

 

そのために大切な事は損を少なくして、儲けを大きくして覚えておく事です。

 

損したら即損失を確定して、それとは反対に勝った時は可能な限り大きく儲けることが、FX取引初めての方が為替でプラスになるための極意です。

 


借金整理の道

民事再生という選択は住宅ローンなどもある重債務に悩む債務者に対して住んでいる家を維持したままで経済的に立ち直るために法的機関による借金整理の道として平成12年11月に施行された選択肢です。

 

この法律には、自己破産のように免責不許可となる要素はありませんので賭博などで債務ができた場合においても民事再生手続きはOKですし、破産申請をしてしまうと業務が不可能になってしまう免許で生計を立てているような方でも制度の活用が可能です。

 

自己破産制度ではマイホームを残すことは許されませんしその他の債務処理では、圧縮した元金を支払っていかなくてはなりませんので住宅のローンを含め支払うのは実際のところ難しいでしょう。

 

しかしながら、民事再生による手続きを採用することができれば、マンション等のローン以外での借入は十分な圧縮することも可能なため、余裕を持ちつつ住宅ローンを払いつつそのほかの借金を返していくことができるということになります。

 

ただ、民事再生という選択は任意整理による処理特定調停といった処理とは異なりある部分だけの負債だけを切り取って手続きを行うことはできませんし、破産手続きに適用されるように返済義務それ自体消えてしまうのでもありません。

 

これ以外の方法と比べてある程度時間が必要ですのでマンション等のローンを持っていて住んでいる家を維持する必要がある状況などを除外して、破産申請のような他の解決策がない時の限定された手続きと考えた方がいいでしょう。

厳選ガチブログ